<rt id="sy9jq"></rt>
         
        成都千秋未來語言學校
        伊豆の美を訪ねて
        來源: | 作者:余老師 | 發布時間: 472天前 | 97 次瀏覽 | 分享到:

                           伊豆の美を訪ねて

                            ——私と伊豆の踴り子

          私はついに思いをはせて、明るい幻の伊豆に到著した。その時は伊豆の踴り子を初読してからちょうど五年を経て隔てていた。この間に、その単純であるが、同時に爽やかさを有する物語を読むたびに、頭の中の伊豆の景色は確実に真実の姿になっていき、親しみをも感じる程になった。そして、踴り子の面影が幾度も私の前に照らし出されるたびに、私は彼女が甘い悲しみを抱きながら私に別れを告げることを幻想していた。

        目の前に、南伊豆に通じる天城トンネルがあり、川端康成は思春期に特有な焦りと恥を抱きながらも、踴り子神聖かつ純潔な美しさを賞でたいという希望をもって、この暗いが光を放つトンネルを抜けた。私はそう想像しながらトンネル口に立って、より一層明るく光る出口を引き立つ暗闇の出口を発見し、あたかもそそくさと走っている彼の下駄の音が聞こえてくるように私の耳の中にこだましていた。このますますはっきり聞こえる音は青春時代の川端が生活の中の僅かな美を追求するために熱情を傾けたことと私に理解させた。

          私は初めて伊豆の踴り子を読んだ時の驚きと喜びを今でも覚えている。その時の私は作者の足取りにつき従って、自分の心の中で、踴り子に対する純粋な憧憬を抱き始めていた。作者は寫実的な筆致を用いて踴り子に対する心からの愛情を表わし、このように少しも隠すこところない欲望は、卻って少年の穢れのない本心を浮かびあがらせているのである。

          私はやはり作者の姿を想像しながら、河津川の渓谷に沿って湯野に向かう。作者はかつてこの道で初めて踴り子に話しかけ、緊張を僅かに解した。しかし、踴り子はより恥じらい感じていた。私ここが彼らの初めての出會いの場だなあと思うと、突然心の中が満足感で溢れた。爽やかな日差しを浴びている私の見知っている高いモミの木は、時別に整然とた姿で尾根の方にその姿を延ばしている。

        なぜこの一見平凡な物語に深い感動を受けたのだろうかと初めて読み終わった時に、私はそう自問したことがある。川端康成の代表作として、この小説は鮮明な背景と時代のにおいを感じさせずに、むしろわれわれが捨ててしまった生活の一端を拾い上げて、蕓術的な筆致と純粋な感情を調和させ、なお去りに去れがち細部にまで美しい形式で表現している。川端は書きたいストーリーを書いただけで、成功ということはぜんぜん思わなかったと言ったことがある。彼は二十六歳の時に、その二十歳の時の経歴を書いた。穏やかな心理狀態だからこそ、真実の傷な玉のような感情を述べ表してきた?!缸庸─胜螭?。私は心に清水を感じ、ほうっと深い息を吐いてから、ことこと笑った?!棺髡撙悉猡趣猡让铨hの少女のような踴り子はもう十七八歳になったと思っていたけれども、それは勘違いであった。裸の踴り子が溫泉につかる姿を見ると子供だと分かった。それは彼を少しも失望させることなく、かえって落ち著かせ慰めることになった。踴り子を占有する欲望は全く幻滅して、深い戀だけ殘っていたという。むしろ踴り子は美の象徴としてこの世に存在していて、悲しい別れであっても、この時々刻々と溢れている美の信號は少しも留めることなく、若い作者に送られていた。

          ついに湯野の溫泉に著いた。その福田旅館こそ作者と踴り子の純粋な戀の芽が出た場所であった。人の往來が盛んで、時々和服を著ている女の子が私のそばを通り過ぎていく。私は単純に彼女らを踴り子に見立て、想像すると、すぐに伊豆の踴り子の世界に近づけるようになったと気がつく。

          小説の中の情景を體得するために、私は紆余曲折の旅を経て、ようやく天城峠に達した。私は作者が踴り子と話し合うところを仮想しつつ、そこに立って遠い大島を眺める。秋のそらは妙に晴れやかで、太陽に近づく海面は春のような薄霧に包まれている。この時、私はカバンの中から一冊の伊豆の踴り子を取り出して、心のままに読み始めると、幻の美しい踴り子の姿が目の前に浮かんで見えた。本當に嬉しい。何ものには替えることできない伊豆の美を體験することができた。願わくは、この伊豆の踴り子を契機に文字の世界に耽り、生活の中の細部を少しも漏らさずに生命の美の信號を捕らえるようにありたい。

        加勒比一区Av